あなたは何故ビジネスを始めるのか?真剣に考えてみてください!

シェアする

ビジネス 目標

このページを見ている以上、あなたには「もっとお金が欲しい」など何かしらの不満があると思います。ただ、ビジネスで上手く行く人とそうでない人にはやはり違いがあります。

そのため、まずはこれらの違いを見極める必要があります。

なぜビジネスを始めるのか
そもそも、なぜあなたはビジネスを始めるのでしょうか。この理由について、あなたの本心で考えてみてください。この答え次第で、あなたが上手く行くかどうかの最初の分かれ目となります。

それでは、次を読み進める前に「なぜビジネスを始めるのか」を30秒で良いので考えてください。

……

…………

……………………

きちんと考えたでしょうか。ビジネスでは全員が成功することはまずありません。

そもそも、「なぜ全く同じセミナーを受けて、全く同じ先生から教えてもらっているにも関わらず、成功する人と成功できない人が出てしまうのか」を見てみるとやはり違いがあります。その中の一つとして、「ビジネスを始めるときの理由」があります。

もし次のような理由以外であればビジネスで成功する事はかなり難しいと思ってください。

・今の自分が行える範囲でできるだけ金を稼ぎたい

成功できない人は主に2パターンあります。その人のビジネスを始める理由を聞いてみると、次のような意見が主に出てきます。

1. 自分はお金を稼ぐためにビジネスを行うわけではない

2. 自分は来年までに年収○○万になると決めている

よく考えて見れば当たり前なのですが、なぜこの理由がダメなのか確認していきます。

自分はお金を稼ぐためにビジネスを行うわけではない
大義名分や世直し的なことを理由にして、ビジネスを始める人が成功する事はほぼありません。理由は簡単であり、周りの人にとって見ればその人の大義名分はどうでも良いからです。

そもそも、大義名分を上げている人で本心から「世の中を直したい」と思っている人はいません。ガンジーやマザー・テレサくらいになれば別ですが、そこまでなれる人はいません。

お金を稼ぐのではなくて本当に「世の中を直したい」と思っているのであれば、既に途上国などの海外へ行って活動をしているはずです。

「自分は給料など何も貰わなくても良く、路上生活のような生活を何年も続けてもよいから世の中に尽くせる」と思って実行できないのであれば、それは結局のところ偽りの気持ちであることを認めなければいけません。

世直し的な大義名分はただ単に「格好をつけたい」や「金を稼いでいる人への嫉妬」などから生まれます。しかも、お金を払ってくれるのはお客様なので、その人がどれだけ大義名分を掲げようがお客様にとってもどうでも良いです。

そのため、稼げるようにはなりません。それよりも、正直に「金を稼ぎたい」と本心から思う人の方が素晴らしいです。大義名分のような偽りのマインドでビジネスを始めて稼げるわけがありません。

自分は来年までに年収○○万になると決めている
ネットビジネスをしている人の中で、年収1億円を越えている人はたくさんいます。確かにこれは本当かもしれませんが、その人たちを見て「では、自分も来年には必ず年収○○万になっている」と宣言したところで意味が無いです。

結局のところ、それは目標が見えていない状態です。どのようにすればそれを達成できるかが分からないのであれば無意味となります。

何回も言いますが、お金を運んでくるのはお客様です。あなたが自分の年収を決めれば、勝手にお金が入ってくることはありません。

そこで、どのような人が成功していくかを考える必要があります。

ビジネスで成功する人の考え方
ビジネスをスタートさせて成功する人の場合、例えば以下のような考えをします。

「まずは、月収50万を目指している。そのために好きなゴルフは行かないようにするし、飲み会も極力減らして家に帰ったら全力で頑張る。奥さんにも了解を取っていて、今使えるお金が100万ある。この中で、まずはこの中でビジネスを全力でやってみたい」

これができないのであれば、正直ビジネスで成功するのは難しいです。ですが、普通に考えれば当たり前のことです。

このような思考でなければ、毎月5万円程度のお金さえ得ることが難しいです。ビジネスを始める理由としては、正直に「お金が欲しい」という気持ちが重要です。お金が第一目標でも微妙ですが、それなりの対価を得ることを考えなければ必ず失敗します。

しかもこの時、「自分が置かれている現実と向き合って目標を立てることができる」という事も重要になります。あなたがどれだけ「年収○○万以上を目指す」と言ったところで、それをどうやって達成できるか想像できないのであれば無意味となります。

これを理解した上で、正直な気持ちでビジネスを頑張ってください。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。