Windows 10の重要な9つの新機能まとめ。

シェアする

windows10

ついに2015年7月29日にWindows 10がリリースされました。「Windows最後のバージョン」とも言われる大型アップデートでWindows7/8から無償アップグレードすることが可能であり、今までのWindowsとは異なるさまざまな機能を搭載しているWindows 10ですが、「アップデートするべきなのかわからない」という人も多いはず。そんな人のためにWindows 10をつかえるようになる重要な9個の機能がまとめてみました。

◆1:新しいUI(ユーザーインターフェイス)
Windows 10にアップデートして最も目に見えてわかる変化は新しいUI。Windows 8のModern UIの特徴を引き継いだフラットデザインで、マウス&キーボード操作と、タッチ操作の両方に対応しています。大量にウィンドウを開いていても、「タスクビューボタン」を押せば一発で起動中のタスクをタイル表示したり、「スナップ機能」で一気に画面を4分割したりのマルチタスキングが可能。また、Macのトラックパッドのようなウィンドウ切り替えジェスチャーも実装しています。

◆2:新しいスタートメニュー
Windows 10のスタートメニューも大きな変化の1つで、Windows 8のような全画面タイプのスタートメニューに変わって、Windows 7以前のスタートメニューとWindows 8のライブタイルを組み合わせたようなデザインになりました。スタートメニューを開くと左側にファイル検索やライブタイルで電源操作などがテキスト表示され、右側に最近使用したアプリなどが表示されるハイブリッド表示となっており、「Windows 8のスタートメニューが使いづらい」というユーザーのフィードバックに基づいて改善されたスタートメニューになっています。

Windows 10の新しいUIやスタートメニューがどのようなデザインなのかは、以下の記事を見ると一発でわかります。

「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ – GIGAZINE

◆3:音声認識アシスタント「Cortana」
これまでWindows Phoneに搭載されていた音声認識アシスタントシステムのCortanaがWindows 10でも使えるようになります。Cortanaに問いかければローカルおよびウェブ上のデータから正しい返答を検索してくれます。また、メールやカレンダーアプリのデータから予定があることを知らせるだけでなく、ルート案内や飛行機チケットの検索などを自動で行ってくれるとのこと。

実際にWindows 10のCortanaを使っている様子は以下の記事から確認することができます。

Windows 10で動く「Cortana」はこんな感じ – GIGAZINE

◆4:メール・カレンダー・写真・地図アプリ
Windows 10の標準アプリであるOutlook・カレンダー・写真・地図アプリもアップデートされ、実際に使用したThe Vergeの記者は「正直なところ、すごく使える」と話しています。各種ネイティブアプリはOneDriveとの連携が強化されているほか、OutlookなどはiOS・Androidでも使えるため、自分のスマートフォンと合わせて利用可能。ネイティブアプリをガンガン使っていくことでCortanaの使い勝手も向上すると考えられます。

◆5:Continuum
タブレットモードとPCモードをシームレスに切り替えられる機能が「Continuum」。Surface Pro 3のようなタブレットPCでは、キーボードをオフにするだけで自動的にタブレットモードに切り替わるとのこと。モバイル版のWindows 10搭載スマートフォンが登場すれば、Continuumを十二分に活用できそうです。

モバイル版「Windows 10」はスマホをPCへと変貌させる新機能を搭載 – GIGAZINE

◆6:Edge
長年にわたって標準ブラウザとしてインストールされてきたInternet Explorerに代わり、新しいブラウザEdgeが搭載され、Chrome・Firefoxの拡張機能をそのまま使える仕様となっています。Edgeが一体どのような機能を備えているのかについては、以下の記事を読むとよくわかります。

Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 – GIGAZINE

◆7:アクションセンター
Windows 10は、従来のアクションセンターとは異なる機能を備えています。アクションセンターを開くだけでカレンダ―やメールの通知・アプリのアップデート情報・接続しているデバイスなどが一発でわかるようになっており、表示する情報はカスタマイズ可能。スマートフォンの通知のように端末の情報を得ることができるようになっています。

◆8:Xbox OneのゲームをストリーミングプレイできるXboxアプリ
Windows 10に搭載されている新しいXboxアプリは、PCをコンソール機としてXboxのゲームをストリーミングプレイすることができます。もちろんXboxのコントローラーにも対応しており、USB・ワイヤレスのどちらでも操作可能。PCのドライブ上に最大2時間のプレイ動画を録画する機能もあります。「Xboxをプレイするために家族とTVの取り合いをしている人なら、Windows 10にアップデートする理由になる」とThe Vergeの記者は説明しています。

実際にWindows 10でXboxのゲームをストリーミングプレイしている様子は以下の記事から見ることができます。

Xbox OneのゲームはWindows 10搭載のPC・タブレットでストリーミングしてプレイ可能であることが判明 – GIGAZINE

◆9:生体認証「Windows Hello」
顔を見せるだけでキーボードに触れることなくPCのロックを解除できる生体認証が「Windows Hello」。顔・指紋・虹彩で認証可能なシステムで、指紋リーダー・赤外線センサー・その他生体認証センサーを搭載している端末で利用可能で、例えばPCの前にユーザーが座るだけでPCのロックが自動的に解除されるわけです。

Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 – GIGAZINE

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。