Windows10アップグレードの注意点まとめ。

シェアする

Windows10

Windows10が登場した。Windows10で何が変わるのか、アップグレードのタイミングと注意ポイントをまとめる。私もつい先日、Windows7からアップグレードした。結構時間が掛かったものの特に問題は見られなかった。

スポンサーリンク

Windows7と8.1から無償アップグレード。「最後のWindows」として登場

 7月29日から、Windows10のアップグレードが始まった。Windows10は今までと何が違うのか、インストールしていいのか、など気になる人も多いだろう。Windows10の特徴を見た上で、アップグレードの注意点をチェックする。

 Windows 10へのアップグレードは、Windows7と8.1からは無償となっている(2016年7月28日までの1年間)。Windows 10は今までと何が違うのだろうか、特徴は以下の通りだ。

パソコンでも使いやすい。不評のWindows 8/8.1の欠点を解消

 前バージョンのWindows 8/8.1は、タッチ式の操作を基本にしたため、評判が悪く普及しなかった。Windows 10ではその欠点を解消し、マウスとキーボードのパソコン操作をメインにし、タッチ式のタブレットでも使いやすいように設計されている。いわばWindows7と8.1の「いいとこどり」である。

●Windows 10は最後のWindows?

今までのWindowsは、3年程度のスパンで、XP・Vista・7・8.1のようにOS(基本ソフト)が一新されてきた。しかしWindows 10以降は、数ヶ月おきに無料で更新が行われ、OSの買い替えは必要がなくなる見込みとなっている。そのためWindows 10は「最後のWindows」とも言われている。

●そのパソコンが動く限り、半永久的に使える

今まではWindows XPのようにサポート期間が終了すると、新しいOSかパソコンを買う必要に迫られた。しかしWindows10以降は、そのパソコンが動作する限りは、更新ファイルが提供されるので、サポート終了という事態は起きないとされている。

●新ブラウザー「Microsoft Edge」と複数デスクトップの切り替え

 今までのインターネットエクスプローラー(IE)よりも、軽くて高機能な新ブラウザー「Microsoft Edge」が提供される。また複数のデスクトップをワンタッチで切り替えできる仮想デスクトップ機能もサポート。作業がしやすくなる。

●タブレット・スマートフォンもWindows 10。ゲーム機とも連携

 タブレットやスマートフォンでもWindows 10が動く。アプリも共通となるため違和感なく利用できる。ゲーム機・Xboxとの連携も可能になった。

アップグレードは表示が出るまで待とう。手動アップグレードはお勧めしない

「無償アップグレード」とは言うものの、Windows自体が無料になるわけではない。Windowsを新規で購入する場合には有料だし、パソコンを購入する場合にもWindows 10のOS代金が含まれたものを買うことになる。

 無償アップグレードは、Windows 7と8.1でアップグレード対象となっているパソコン。2016年7月28日までの1年間限定とアナウンスされている。

 自分のパソコンが対象かどうかは、メーカー製パソコンなら、各メーカーのウェブサイトを参照しよう。対象のパソコンであれば、Windowsのタスクトレイに、Windowsのアイコンと共に「Windows 10を入手する」という表示が自動的に出る。対象でないパソコンでも、アップグレードは可能だが、自己責任になる。対象でないパソコンでは、Twitterなどで他の人の結果を見てから判断したほうがいいだろう。

 この「Windows 10を入手する」というアイコン(アプリ)から、「Windows 10無償アップグレードの予約」ができる。集中をさけるためか、アップグレードできるようになるまで数日から数週間かかるようだ。なお予約をしても、後で延期することは可能で、強制的にアップグレードされるわけではないので、心配は不要だ。

 問題はいつアップグレードするかだ。筆者のおすすめは「少なくとも1か月待つこと。できれば数か月後に」となる。プログラム(アプリ)・周辺機器・オンラインバンキングなどのネットサービスの対応がまだ十分ではないので、今移行するとトラブルが起きる可能性がある。

たとえばオンラインバンキングでは、Windows 10の新ブラウザー「Microsoft Edge」が対応しないために、利用を控えてほしいと呼びかけている銀行もある。他のネットサービスでもブラウザーの問題で利用できないところが出てくるだろう。各サービスの対応を待ち、秋ごろにアップグレードするのがおすすめだ。

 アップグレードの方法は、自動と手動があり、手動であれば今からでも、Windows 10にすることは可能だ。しかし手動のアップグレードは上級者向けであり、マシンが対応するか、周辺機器やソフトウェアが動作するかどうかは自分で判断する必要がある。そのため手動でのアップグレードはお勧めしない。タスクトレイに表示される「Windows 10を入手する」から行う自動アップデートを利用したい。

Windows 10アップグレード前にバックアップなどの準備をしっかり

 Windows 10へアップグレードでは、データ、設定、使っているプログラムなどのほとんどをそのまま移行できる。しかしながらトラブルが起きて復活できなくなる可能性もあるので、バックアップが必要だ。必ず以下のような準備をしよう。

1:アップグレードは丸1日かかると覚悟。休みの日にやろう

 Windows 10へのアップグレードは、データを保存しながらOSを丸ごと差し替えるため、少なくとも数時間、長ければ半日ほどかかる。アップグレード中は他の作業ができなくなるので、時間がたっぷりある休日に実行しよう。

2:データのバックアップ

 文書や画像などのデータファイルのバックアップを取る。USBメモリーなどに、データを保存しているフォルダごとコピーしよう。またはWindows 7などのバックアップ機能を使ってもよい。重要なデータファイルは、2か所に保存しておきたい。

3:パスワードやログイン名を保存する

 ブラウザーの設定がクリアされるので、メール・SNS・各種ネットサービスのログイン名とパスワードを確かめておく。特にメールは重要なので、ログイン名とパスワードを紙に書いておきたい。

4:旧バージョンでの復元ポイントを作っておく

 念には念を入れて、旧バージョンのWindowsに戻した時のトラブル対策として、復元ポイントを作成しておく。Windows7を例に取ると、スタート→コンピュータの上で右クリック→システムの保護→タブでシステムの保護を選択→一番下にある作成(ドライブの復元ポイントの作成)→任意の名前で作成、以上の順番で復元ポイントを作成できる。

5:旧バージョンでのリカバリーの方法を確かめておく

 Windows 10では、導入後31日以内であれば、旧バージョンに戻すことができる。旧バージョンに戻った場合のトラブル対策として、リカバリー(パソコン初期化)の方法を確かめておこう。メーカー製パソコンなら、付属のリカバリーディスク(DVD/CD)がある。ドライブがない場合は、ハードディスクにリカバリーデータが保存されている。マニュアルを参照して、リカバリーの方法を事前に確かめておこう。

 ちょっと大変ではあるが、Windows 10へのアップグレードは、パソコン全体を丸ごと変えるのと同じぐらい大きな作業となるので、慎重に準備をしておきたい。

 準備が終わったら、「Windows 10を入手する」のアイコンから、Windows 10を導入する。アップグレードの手順は、指示通りに行えばいい。時間がかかっていても途中で止めないこと。じっくり待ってアップグレードを進めよう。

コメントの入力は終了しました。