ネット集客の経路は大きく5つ存在する!①検索エンジンからの集客。

シェアする

ネット集客②

インターネットを使った集客の方法は無数にありますが、経路は大きくまとめると以下の5つに分類できます。

  • 検索エンジン
  • 外部サイト
  • ソーシャルメディア
  • 直接進入
  • その他

それぞれの経路ごとにユーザーの特性は異なり、媒体ごとにも異なります。
それぞれの集客方法と媒体の特性を把握し、自分のホームページやサイトに最適な集客方法を選んで、運用・改善を行っていくことが、実績を出して稼げるようになるポイントです。
ここでは、これら5つのネット集客について解説していきます。

スポンサーリンク

1. 検索エンジンからの集客

検索エンジンからの集客

インターネット企業の多くは、実質検索エンジンの集客があって成り立っているビジネスモデルも多く、重要な集客手段です。
検索エンジンから集客を行う方法としては、以下が上げられます。

1-1.検索エンジン最適化(SEO)

SEO対策は、GoogleやYahooなどの検索エンジンにサイトを上位表示するための活動です。
SEO対策は無料で行う事ができ、上位表示できれば継続的にアクセスを得る事ができます。反対に、上位表示をするには良質なコンテンツや自然な被リンクを用意する必要があり、成果が上がるまで約数ヶ月の期間を要します。

活用媒体 Google、Yahoo、Bingなど
費用 無料〜
期間 中期〜長期

参考:Google検索エンジン最適化スターターガイド

1-2. リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力して検索した際に、その検索結果ページ(キーワード)と連動して表示される広告です。

検索行動は購買プロセスの直前でなされる事も多いため、キーワードによっては購買意欲が非常に高い顧客を狙い撃ちできる点がメリットです。
反対に、1クリックの単価が高く競争も激しい事から、きめ細やかな運用や、競合と比較して負けない広告ページが用意できるかがポイントになります。

活用媒体 Yahoo!プロモーション広告Google AdWordsレモーラリスティング
費用 有料
期間 短期

参考:リスティング広告とは | 4つのポイント解説

1-3. ブログ

ブログでは、ユーザーの役に立つ情報を発信して検索エンジンから流入を得たり、自サイトの最新情報を発信して顧客とのエンゲージメントを強化するために用いられます。
お客さんの役に立つ情報を継続的に発信していくことや、文章作成、SEO対策などの知識があると効果を発揮しやすいネット集客です。

活用媒体 WordPressMovable Typeアメーバブログ
費用 無料〜
期間 長期

1-4. オウンドメディア

オウンドメディアは、自社の見込み客にとって役に立つ情報を発信する自社保有型のメディアです。

ブログもオウンドメディアの一部ですが、ブランディングや発信する内容、サイト構造などが、より企業のWebサイトやホームページとは切り分けられている事が多いように感じます。

リスティング広告の単価高騰や、検索エンジンのコンテンツ解析技術の発達、ソーシャルメディアの普及などにより、検索・SEOやSNSからの自然的なネット集客の方法として、注目されている手法です。

活用媒体 WordPress、Movable Typeなど
費用 無料〜
期間 長期

1-5. サテライトサイト

サテライトサイトは、メインとなるホームページのコンテンツではカバーしきれないユーザー層に向けて、サブドメインなどを用いて別サイトのような見せ方で、検索エンジンなどから集客を行うための方法です。

例えば求人サイトでは、アパレル業界とIT業界など、業界によって検索ユーザー層やSEOで狙いたいキーワードも異なります。そのため、アパレルのサテライトサイトとITのサテライトサイトに切り分けることで、本体の総合サイトでカバーしきれなかったキーワードを対策することができ、検索ユーザーの利便性も向上することができます。SEO対策の一環として行われるネット集客です。

活用媒体
費用 無料〜
期間 中期〜長期

コメントの入力は終了しました。