必ず取り組むべきネット集客方法【3選】

シェアする

ネット集客①

ネット集客の方法は多種多様ですが、その中でもパフォーマンスが高い方法は限られています。無料でできる方法の大半は、あまり効果がないか効果を実感するまでに多大な時間と労力を要してしまうのが実情です。

ここでは、これからネット集客を行なっていかれる方が、まず始めに取り組むべきネット集客の方法を3つご紹介します。いずれも有料の方法となりますが、ネット集客は1円から低コストで簡単に始めることができます。

無料でできる範囲の方法で無駄な時間と労力を消費するよりも、有料で効率的な集客を行なった方が本業などに専念することができますし、費用対効果がプラスになれば、あとは広告費を追加していくだけでほぼ比例して売上を伸ばす事ができるのが魅力です。

①リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに、検索されるキーワードと連動して表示されるタイプの広告です。
商品をすでに知っていて、購入を検討している人に向けてピンポイントに広告配信が行えるので、ネット集客の中でも最も費用対効果が高い広告手法です。
(※リスティング広告の概要については『リスティング広告とは』と『リスティング広告のメリット』で解説しています。)

リスティング広告の料金は、広告がクリックされた時に費用が発生する「クリック課金型」です。キーワードごとのオークション入札制で価格が決まり、1円から誰でも広告出稿を行うことができます。
(※リスティング広告の料金・費用については『リスティング広告の費用』でも解説しています。)

1クリックあたりの集客コストは他の広告よりも高騰しますが、獲得コストはネット広告の中でも最も良い傾向にあります。

出稿はリスティング広告を提供する事業者を通じて行います。国内でリスティング広告を提供する事業者は大きく3社存在します。

リスティング広告の主要媒体

  • Yahoo!プロモーション広告おすすめ
    Yahoo!JAPANの提供する国内最大級のリスティング広告サービス。リスティング媒体の中では最もクリック単価が低く費用対効果が高い傾向
  • GoogleAdWords
    Google社の提供する世界最大級のリスティング広告サービス。ネットリテラシーの高いユーザーが多い
  • レモーラリスティング
    gooやOCN等の国内大手ポータルサイト向けリスティング広告サービス。Yahoo!やGooogleと併用して使用することで、検索結果ページに2枠広告を配信できるのが特徴

②アフィリエイト広告(成果報酬型広告)

アフィリエイト広告(成果報酬型広告)

アフィリエイト広告は、広告を経由して自社の商品やサービスが成約(購入や申し込み)された場合に成果報酬を支払うタイプの広告です。
実際に商品が売れない限り成果報酬の支払いは発生しないので、リスティング広告に次いで費用対効果の高い広告手法です。

アフィリエイト広告の出稿はアフィリエイトサービス・プロバイダー(ASP)から行います。
アフィリエイト広告の出稿には、ASP各社とも初期費用(3~5万円)、月額固定費用(5万円前後)、デポジットがかかりますが、それがペイできればリスティング広告より費用対効果を高める事も可能です。

リスティング広告が短期的なネット集客であるのに対し、アフィリエイト広告は中長期的にパートナーサイトを拡大していくネット集客方法です。詳しくは各社とも資料請求をすることができます。

アフィリエイト広告の主な媒体種類

  • A8.netおすすめ
    株式会社ファンコミュニケーションズの提供する日本最大のアフィリエイトサービス。無料資料請求が可能
  • バリューコマースおすすめ
    中小企業でもクレジット決済が可能。A8.netに並ぶ日本の老舗アフィリエイトサービス。

③コンテンツ制作(SEO・ブログ)

コンテンツ制作(SEO・ブログ)

スマートフォンの普及率が増えたことで、ソーシャルメディアや検索エンジン(無料枠)からのネット集客がより重要になっています。
コンテンツ制作は、ユーザーの役に立つ情報コンテンツを発信することで、見込み客の獲得や育成や、エンゲージメントを高めたりファンやリピーターの獲得を行う方法です。

コンテンツ制作のメリットは、「自社から営業をかけなくても、見込み客を集客できる」「検索エンジンに上位表示できれば安定的な集客数を継続確保できる」「広告費は使って終わりだが、コンテンツは半永続的に資産として蓄積される」といった点が上げられます。
(当サイトでも、問い合わせを積極的に募集していないにも関わらず、月間で10件以上の問い合わせを頂いています。)

ブログやサイトのコンテンツ作成は、自社で行う方法のほかに外注する方法があります。
外注にはクラウドソーシング(インターネットを介して不特定多数の人に仕事を受発注できる仕組み)の利用がおすすめです。国内でクラウドソーシングを提供する事業者の中で、おすすめのサービスは以下の2社です。

クラウドソーシングの主要媒体

  • クラウドワークスおすすめ
    日本最大のクラウドソーシングサービス。ブログなどのコンテンツ作成の他にも、ホームページ作成、アプリ・ウェブ開発、ロゴ・チラシ作成、ライティング、データ入力まで、幅広い仕事に対応しています。
  • シュフティ
    主に主婦の方に向けて仕事を発注できるクラウドソーシングサービス。自宅でできるライティングや記事作成など、質より量を重視するコンテンツの発注におすすめです。

以上の3つがネット集客で初めに取り組みたい手法になります。
これからネット集客へ取り組む方や、まだ上記の方法へ取り組んでいない方は、まずはこの3つから始めてみることを推奨します。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。