一流アスリートがやっているマインドセット。自分一人では成功できない!

シェアする

アスリート

ビジネスを始めたい場合、いろいろな方法があります。私は最初に修行から入り、そこからさまざまな展開をしています。

その中で、ビジネスを始める方法として最も分かりやすいものに「フランチャイズに入る」という方法があります。

しかし、中には「フランチャイズに入ったのに全く稼げない。フランチャイズは詐欺だ」という人もいます。ただ残念ながら、フランチャイズを詐欺だと思うような人はどんなビジネスをしても成功しません。

ビジネスは全てゼロの状態から始まる
私は全くの白紙の状態からビジネスをスタートさせましたが、フランチャイズであれば「店の看板」や「商品」、「集客の方法」、「物流システム」などが全て揃った状態から始めることができます。

そのため、条件としてはかなり恵まれているはずです。このような好条件からスタートして稼げないのであれば、残念ながらどのビジネスをしても稼げるようにはなりません。

結局、「フランチャイズが詐欺」と言っている人は他人のせいにしています。自分は悪くなく、稼がせてくれないフランチャイザーが悪いと考えます。

言ってしまえば、稼げるように努力するのはその人自身です。他人や環境のせいにしているようでは、一生稼ぐことはできません。だからこそ、「失敗するのは全て自分の責任」と考えなければ成功はありえません。

成功したら他人のおかげ
成功者に共通することとして、失敗した時に「悪いのは全て自分である」という事があります。しかし、成功した時は必ず「他人のおかげ」と考えます。

「あの時、あの人がアドバイスしてくれたから成功できた」、「みんなの支えがあったから稼げるようになった」と思います。

これが稼げない人の典型例としては、「失敗するのは他人や周りの環境が悪いからで、自分は悪くない。しかし、成功したらそれは全て自分の実力である」と考えます。
だから稼げません。

スポーツ選手を見れば分かりますが、オリンピックで金メダルを取る選手がどのような発言をしているかを観察すれば答えが見えてきます。

このような人たちが必ず言う言葉として、「監督や親、仲間の支えがあったから金メダルを取れた」と誰もが言います。

これは、別に周りの目を気にしているからではなくて、本心から出た言葉です。決して、「金メダルが取れたのは自分が努力したから」とは言いません。

そして、その逆も同じです。たとえ誰が見ても審判が誤審した場合や明らかな悪天候であったとしても、「審判が悪かったから」や「天候が最悪だったから」と言うようなトップ選手はいません。どの選手も「私の努力が足りなかった」と言います。

このように、スポーツ選手は既にこれらのマインドセットが出来上がっているのです。世界を相手に戦えるだけのマインドが既に完成しているからこそ、トップ選手として活躍することができます。

これと同じにならなければいけません。

何回も言いますが、「成功できないのは全て自分の責任である」と思わなければいけません。他人が悪いのでも、周りの環境が悪いのでもありません。

一方、「成功できたのは他人のおかげ」と考えます。今では私は少しは飯が食べれるようになりましたが、最初の一歩としてあるメンターから学びました。

また、ネットビジネスのトップの人たちへアプローチして合宿へ行ったりコンサルを受けたりしてビジネスの基本を学びました。これらの人たちが教えてくれたからこそ、私は新たな展開を出来るようになっています。

このように、まずはマインドとして心の持ちようを変えないと稼ぐことはできません。ビジネスで金儲けをしようと考えている以上、テクニックだけではどうしようもないのです。

これは会社で働く場合でも同じです。他人や環境のせいにしているようでは、あなたの成長はかなり鈍化していることでしょう。

だからこそ、もしこの考えが出来ていないのであれば一流のスポーツ選手が行っているようにマインドを変える必要があります。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。