罠⑩ マニュアルを読んで理解したり、基礎的な書類を作成する程度の日本語能力が欠如している。

シェアする

yjimage (43)

昨今、インターネットを使い様々な商品やサービスが流通しており、リアルで販売されているもののほとんどはインターネットで購入することが出来るようになって来た。

そして、この流れによって個人でもインターネットビジネスを簡単に始められるようになり、平凡なサラリーマンが副業で本業の収入を上回ったり、学生がサラリーマン並の給料を稼いだりとインターネットが普及する前までは考えられなかったような現象が起きている。

このような流れに乗り、インターネットビジネスを始めようと思っている方や、実際にはじめている方が多くいらっしゃるが、その中で、私は多くの失敗例を見てきた。

実際に私と同時期に始めた方のほとんどは失敗する、あるいは、継続することが出来ずに辞めてしまったというケースが後を絶たない。

そこで、今回は様々な失敗例をもとに『インターネットビジネスで日本人が陥りやすい10つの罠』をテーマにあなたにインターネットビジネスの失敗する罠を紹介する。

インターネットビジネスでは一つ一つの作業はさほど高度なことをしていない。

そのため、難関大学の過去問題のような難しい日本語や数式を理解する必要はなく、むしろ、

日常の業務・書類作成などで使用している程度の日本語が使いこなせれば、問題なく作業を進

めることができる。

しかし、基礎的な書類作成やレポート作成することが困難なレベルの日本語能力であれば、イ

ンターネットビジネスの作業を進めることは不可能だ。

その場合は、基礎的な日本語スキルを身に付けるため、日々活字に触れるなどの対策をこうじ

る必要がある。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。