罠⑨ 向上心が欠落している。

シェアする

罠⑨

昨今、インターネットを使い様々な商品やサービスが流通しており、リアルで販売されているもののほとんどはインターネットで購入することが出来るようになって来た。

そして、この流れによって個人でもインターネットビジネスを簡単に始められるようになり、平凡なサラリーマンが副業で本業の収入を上回ったり、学生がサラリーマン並の給料を稼いだりとインターネットが普及する前までは考えられなかったような現象が起きている。

このような流れに乗り、インターネットビジネスを始めようと思っている方や、実際にはじめている方が多くいらっしゃるが、その中で、私は多くの失敗例を見てきた。

実際に私と同時期に始めた方のほとんどは失敗する、あるいは、継続することが出来ずに辞めてしまったというケースが後を絶たない。

そこで、今回は様々な失敗例をもとに『インターネットビジネスで日本人が陥りやすい10つの罠』をテーマにあなたにインターネットビジネスの失敗する罠を紹介する。

人間は根本的に楽をしたいと思っている。

これは誰しも持っている潜在的な欲求であるが、この欲望をできるだけ抑え、自分の技術面や

思考面などを鍛える努力を怠ってしまっているケースが多い。

とくに、サイトのライティングやデザインスキル、動画編集スキルなどを一向にあげる努力を

せすに現状維持に甘んじている方が多くいる。

また、はじめはやる気があっても、それを継続することが出来ないといった怠慢な行動をとっ

ていまうケースも見受けれる。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。