ビジネスを成功させるのも失敗させるのも全ては自己責任!

シェアする

責任

これからビジネスを始めるに当たって、「全ての責任は自分にある」と思わなければビジネスを成功に導くことができません。

これを他人のせいにしたり、周りの環境のせいにしたりした時点で思考停止の状態に陥り、どう考えても成功する事ができなくなります。

変えられる物と変えられない物
そもそも、ビジネスを行うとそこには壁しかありません。イレギュラーな事しか起こらないので、この壁をどれだけ乗り越えていけるかが重要になります。

例えば、ブログやサイトを始めても最初は全くアクセスが集まりません。「このサイトに書いてある通りブログを開設して記事を書いているのに、全くアクセスが集まらない」と思った時点で金を稼ぐことができなくなります。

そうではなく、「どうやったら他人の興味を引く文章を書けるか」、「どう工夫すればアクセスを集められるか」を考え始めたら急速に頭が回転し始めます。

私は現在でこそ巨大媒体をいくつも保有していますが、当然ながら最初にサイトを立ち上げた時はほとんどアクセスがありませんでした。そこで、「どうすれば自分のサイトを巨大にすることができるか」という事だけを考えてきました。

半年間かけてサイトを作成したにも関わらず、全く稼げないサイトが出来上がった事もあります。この時も全て自分のせいと考えてきました。

広告費で何十万円もの損をした時もありましたが、この時も自分のせいです。決して「あの教材販売者の教え方が悪い」など他人のせいにしたり、「自分には達成するための人脈やスキルがない」と周りのせいにしたこともありません。

最初の頃の私はサイトの知識がなかったので、勉強してHTMLやCSSなどを全て理解できるようにしました。画像を作りたかったので、Photoshopを購入して参考書を見ながら描きました。動画配信を行うために、ビデオカメラやホワイトボード、マイクを購入して講義を行うようにしました。

また本格的にネットビジネスを始めようとしたとき、稼げるようになるまで情報商材をいくつも買い、地方から東京まで出て高額セミナーにも参加しました。ここまでに100万円以上は余裕で支払っています。

これでも、一度も文句を言ったことはありません。

当たり前ですが、このように勉強しても稼げる保障はどこにもありません。保障はないですが、「全ては自分のせい」と思ってただひたすら信じて行動したのです。

稼げない人は文句しか言いません。しかも、無いものねだりをします。

そうではなく、「稼げないのは自分の行動が足りないため」と全て自分のせいだと考えなければいけません。また、「自分には何もない」ではなく、「現時点での自分のスキルで一体何ができるか」を考える必要があります。

これが出来ずに他人のせいにしたり、周りの環境のせいにしたりすれば思考停止状態に陥り、金を稼ぐようになることが不可能となります。

そこに答えはありませんし、こればかりはあなた自身で答えを探していかなければいけません。だからこそ、このように私が全ての情報を出しても問題ないわけです。

当たり前ですが、本当に「これだけをしていれば確実に稼げる」というビジネスがあれば、私が既に行っていて誰にも教えていないです。

ビジネスはスタートラインが全員違っていて、稼げるようになるためには必ず「その人独自のノウハウ」が必要になってきます。この独自のノウハウを自分で発見していき、稼げるようになっていくのがビジネスです。

ただし、ある程度はビジネスの型や方法があるので、どれだけそれらの方法に従って「自分独自の方法を見つけて解決していくか」が最も重要となります。

だからこそ、「全ては自分の責任である」と考えて解決法を探していかなければいけないのです。

世の中に存在する変えられない物として、これまで説明してきた通り「他人」や「周りの環境」があります。これを見ているようでは成功できません。

そうではなく、変えられるものがあります。それが、「自分」です。

周りの批判や文句ばかり言っている人は最悪です
会社などでもよく「仕事がつまらない」と言っている人は多いです。そして、周りを批判したり文句を言ったりします。

しかし、よく考えれば無理にその会社に就職したわけではないはずです。

少なくとも、自分が選んでその会社で働き始めたはずです。つまり、責任はその人自体にあります。ここで周りのせいにしたり、自分の置かれている環境のせいにしたりしているから多くの人は稼ぐことができません。

とは言っても、昔の私も人の事を言えませんでした。

私は大学まで進学したのですが、大学の研究室は劣悪な環境である事が多いです。そのため、私も学生の頃は「マジであの教授は……」とか、「無償労働どころか、学費を支払ってまで毎日夜九時以降まで勉強しなければいけないこの環境が……」と文句を言っていました。

そのため、今は偉そうにこのような事を言っていますが、ビジネスセンスのかけらもない昔の私はまさに他人や環境のせいにしていました。

しかしよく考えてみれば、いくら研究室の環境が悪かったとしてもその研究室を選んだのは私自身です。つまり、私に責任があります。学生の頃の私はこれに気が付いていなかったのです。

そのため、もしあなたが飲み会などへ行った時に「周りの人の批判や文句」などを言っていても問題ありません。なぜなら、今この瞬間から自分を変えれば良いからです。

私も自分のマインドを変えてきました。

変えられるのは自分です。他人や周りの環境のせいにしても、それ以上は成長しません。これを理解した上で、「全ての責任は自分にある」という事を認識できるかどうかでその後のビジネス展開が大きく違ってきます。

スポンサーリンク