ビジネスを成功させる近道。それは完璧ではなく雑にやってみること!

シェアする

行動

何か物事を覚えようとする時、小学生はそのスピードが速いです。しかし、大人になるほど遅くなります。これはただ単に記憶力の問題だけではなく、「大人になるほど行動できなくなる」という心理が働くためです。

大人になるほど、「完璧にしなければいけない」と多くの人が思います。しかし、完璧を求めれば求めるほど成功から遠ざかっています。

それでは、上手くいく人はどうなのかと言うと、「変なことを考えずに30%くらいの完成度で良いので始めてみる」という事をします。

完璧を求めようとすると、なかなか前に進みません。そうではなくて、雑でも良いのでスタートして実際に全部通して実行すれば良いのです。

小学生では全員がこのような行動をします。完璧は求めず、雑にでもチャレンジしてみようとします。そのため、成長も早いです。これが大人になると、最初から完璧を求めすぎて一歩を踏み出せません。

早く上達するためには
あるピアノの先生が言っていたのですが、ピアノを上手に弾けるようになるための一番の近道は「雑でも良いので最後まで弾くこと」にあるようです。

一フレーズずつ完璧にこなしていっても良いですが、とても成長が遅いです。そのため、まずは全部を通して間違いまくりながらピアノを弾いていきます。

これは勉強する時も同じです。例えば英語の勉強をするときでも、文章ごとに確認しても理解が進みません。そこで、全体を通せばたとえ単語の意味が分からなくても、文章の流れから言いたいことが伝わってくるはずです。

私も同じです。まずはサイトを立ち上げ、そこから少しずつ修正を加えながら現在のような形になっています。

しかも、どれだけ完璧だと思っていたとしても、行動して経験値が溜まってくると過去に完璧だと思っていたものがダサく見えてきます。それだけ成長したということにもなりますが、そこでまた修正を加えれば良いのです。

結局のところ、完璧はありません。むしろ完璧を最初から求めようとすると、確実に前に進めなくて時間だけが過ぎていきます。そのため、雑でも良いので始める必要があります。

特にネットビジネスを始めたばかりの頃は全員、文章もそこまで上手ではなく、他人を惹きつけることもできません。そのため、何も考えずに文章を書いて「サイトやブログなどに投稿する」、「メルマガを発行する」などを行えば良いのです。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。