ビジネスは慈善活動ではない。あなたはビジネスでお金を稼がなくてはならない!

シェアする

ビジネス 活動

ビジネスを行う上で、「稼ぐためではなくて世の中のために」という理由で始める人は必ず失敗します。このような人は、「本当の社会貢献とは一体何か」について理解しなければいけません。

本当の社会貢献とは、金を稼ぐことになります。この意味を間違えたらいけません。

社会貢献の本当の意味
私はもともと職人です。その中でも、特に職人の世界で多いのですが、「お金ではなくて、技術を磨くため」という間違った認識をしている人がいます。

ただよく考えれば分かるのですが、職人で技術あってもお金がなければ何も買えません。社員を雇うこともできなくなります。つまり、運営が出来ず商品を提供することすらできません。

お金を稼げるようになると機器を買ったり優秀な職員を雇ったりできます。多くのお客様が最新の商品を求めて訪れるようになります。これによって、さらに稼げるようになり、この稼いだお金をまた再投資することができます。

もっと言えば、金を稼げばその分だけごっそりと税金で取られます。稼げなければ、そもそも税金すら払うことができません。

これを理解した上で、どちらが社会貢献をしていると思いますか?

「世の中のため」と言っている人はただ単に「自分にはお金を稼ぐ能力もなく、社会貢献も全くできない人間です」と大きな声で宣言していることになります。

だからこそ、あなたは稼がなければいけないのです。

稼げるようになると楽しくなる
何度も言いますが、ビジネスを始める上で大義名分は意味がないです。そうではなく、素直に「お金が欲しい」と思う人でないと成功しません。

また、もしかしたら「好きなことを仕事にしたい」と思っている人もいるかもしれません。しかし、実はこれも考え物です。「好きなことをしていれば周りの人がついてきて……」という話はただの理想論であり、お客様にとってあなたがそれを好きかどうかは関係ありません。

それよりも、「どの分野であればビジネスで上手くいきそうか」を選んだ方が良いです。

実際、私は職人から経営までの全てを運営していますが、私は決して技術を売っている訳ではありません。むしろ、そのような人間がいたらかなり危険だと思います。

それではなぜ最初に私がこの分野を選んだかと言うと、それまで多くの人が着手したことがない分野であり、しかも自分がたまたま「食」が好きで書きやすい分野だったからです。もっと言えば、「情熱の持てる分野」を選択したということです。

決して自分の好きなことを求めようとした訳ではありません。そのような事を求めても一円も稼げません。確かに中にはそれで上手くいっている人もいますが、普通の生活ができるレベルであってもの凄く稼いでいる訳ではありません。

そして、お金を稼げるようになれば勝手に楽しくなります。お金を稼げるからモチベーションの維持ができるのであって、それ以外はなかなか難しいです。

つまり、どのビジネスであれば稼げるかを考える必要があります。

その中でもビジネスを始める目標として、最初は「お金」だけでも良いと思います。お金を稼ぐことだけを考えて特化すれば、それに必要なものが見えてきます。捉え方によっては大きな勘違いする人も多いかもしれませんが、これで良いのです。

むしろ大義名分で行っている人は大義名分が目標になっているので、稼ぐために必要なものが見えなくなります。

稼げるようになった後で初めて、「人のために」や「社会のために」などを考え始めれば良いのです。途中でマインドを変えても良いので、最初は余計なことを考えずに稼ぐことだけを考えてください。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。